村松式氣功 日本手あて療法研究所
弘一坊プロフィール 健康生活を送るために ハンドヒーリングについて ハンドヒーリング体験例
村松式氣功ウェブショップ 料金のご案内 商品案内 お氣軽ブログ
弘一坊プロフィール
昭和16年1月13日 神奈川県横浜 生まれ
昭和40年3月   静岡大学法経短大(定時制)卒業
昭和61年2月23日   村松式氣功の訓練開始!
平成4年9月   慈恵医大・付属病院にてサーモグラフィーの実験
平成7年1月   日本医科大学で脳波の実験が、講談社・ビューズに掲載
平成7年7月   東京電機大学・工学部での実験が、集英社のバートに掲載
平成8年10月   東京電機大学・工学部でMPシールの実験
平成8年11月   京都大学にて脳磁計の実験が、東京マガジンに掲載
現在、日本手あて療法研究所・村松式氣功を設立
村松式氣功の治療、村松式氣功教室を開校予定、活躍中!
弘一坊の体験記
今から40年前に・・・・
「夏バテ、冷え症、歯周病、常に頭痛、首、肩、背中のこり、腰痛と足のしびれ等、本が5分続けて読めなくなりました。」
この"生き地獄"の苦しみを、1日も早く治したくて現代医学の病院を何ヶ所も歩き、物理療法や民間療法をどれ程受けてきたかわかりません。今、思い出しますと、最初は腰の一ヵ所に針を刺した様な痛みが出てきて、それを治したくて、病院で検査をしてもらい、出された薬を信じて毎日服用していました。
約3ヶ月後、腰の一ヵ所だけだった痛みが、腰全部に広がりコルセットをするようになりました。
治したい一心で病院で出された薬を飲み、整形外科の治療を受けてきましたが、約6ヶ月後、氣が付いた時には、腰全体の痛みばかりでなく背中、肩、首のこりがひどくなり腰から足まで、しびれも出てきました。
針を刺すような腰の一ヵ所の痛みを治したくて私自身が選んだ病院でしたが、このままでは治るどころかますます悪くなってしまうと思い、救いを求めて紹介された病院や私自身が良いと思って選んだ病院も何ヵ所か行きましたが、約1年くらい経過した時には、上記のような私にとっては今まで体験した事もない最悪な症状で苦しむようになっていました。
朝、目が覚めて、起きたくてもすっきり起きられない、何をやるのにも、やる氣が出てこない、集中力も根氣も全くなくなり、このままでは結婚も出来ないと考えたり、時にはこのまま苦しみながら生きて行くなら、いっその事、死んで楽になりたいと思った事も何回かありましたが、それでも私は毎日会社勤めをしていました。
この頃になって、私は現代医学の病院での治療では治らないと考え物理療法や民間療法に切り換え、どれほど受けてきたかわかりません。
その当時は、治りたい一心で本当に色々と求めていましたが

「何が原因でこんなに苦しむようになったのか?」
どんなに考えても私自身わからなかったし、現代医学の病院や物理療法、民間療法の先生方も「原因」はわからないとの返事ばかりでした。
私は悪くなった、
「原因」をやめなければ、"真の健康体" にはなれない、と考えるようになりました。
13年かかりましたが"真の健康体"に辿り着きました。
あとの項で「原因=辛い生活」「真の健康体=健康生活」を述べますので、現在苦しみ悩まされております方々に、私の体験が少しでもお役に立つ事ができればこんなに嬉しい事はございません。
是非、最後までお読み頂いてあなた自身が「真の健康体」と「プラスの運氣」をしっかり手にいれてください。
心から念じております。
あなたの体験を同じように苦しみ悩んでおります方々に、是非伝えて上げて下さい。
人の幸せを願う心使いがあなた自身を開運の道に導いてくださいます。

約1ヶ月くらいで「脅威のパワー!!村松式氣功」の原稿をほとんど書き上げた、平成9年5月18日(日)午前10時頃 突然の「大激震の目まいのあと、暦の字が左右に動いたままで、焦点が合わなくなり37.5℃の微熱が1ヶ月以上続き、左右0.7まで回復していた視力が、左0.3右0.1で乱視になってしまいました。」
翌日、病院の検査では耳からくるもので目まい止めの薬を出されました。薬を断って約35年振りに夜一度だけ薬を服用した結果が夜中に心臓の痛みで目が覚め・・・・・それ以来、薬は一切服用せずその後も微熱が続いていましたので「原因」を知りたくて最初は耳鼻科、眼科、脳外科と回されましたが、「原因」はわかりませんでした。
その当時を思い出しますと目まいが起きた5月18日(日)から3日間ほとんど眠らずに目だけに集中して、私自身、内氣功による治療を施したのが良い結果につながったと確信しています。参考までに私は耳への治療は全く行っていませんでした。
上を向いて寝ても、横を向いて寝ても天井がグルグル回っていたのも3日後にはすっかりなくなり、微熱が続いていた間も、目と肝臓(解熱作用)に集中して私の"手"をあてていた結果が病院でもわからなかった「原因」もわかり、現在ではすっかり元どおりの健康体をとり戻しました。
この時ほど、私は"氣の出る"自分の"手"に心から感謝、感動した事はありませんでした。

お申し込み・お問い合わせ
日本手あて療法研究所(村松式氣功)
静岡県庵原郡富士川町岩渕1290
TEL:090-1823-7705 FAX:0545-81-3228
e-mail:mkikou@tune.ocn.ne.jp